こた通信!

こた通信

THE 雑記

立教大学の学祭に行ってきた。学生の輝きが眩しかった。

 

職場の同僚と立教大学の学祭に行ってきた。

 

f:id:kotaronobuta:20171103155327p:image

 

自分の出身大学や地元の近所の大学とは全然違い、大いに盛り上がっていたように思う。

さすが立教大学。

東京六大学。

MARCH。

 

 

f:id:kotaronobuta:20171103165037j:image

 

正門を抜けるとわんさかいる大学生たち。

イケメンもいるし可愛い子もいる。というか多い。

おしゃれ。

そこに見え隠れするパリピ精神。

「〇〇愛好会でーす」とか「ホットドッグいかがですかー」とかグイグイ声をかけてくる。

イケメンも可愛い子も。

 

片っ端から購入してあげたい気もするが、生憎食事は済ませてきてしまったし、一人で歩いているわけではなく同行者の意向も汲まないといけないのでやんわりと断りながら進んでいった。

 

ステージではミスター立教とミス立教のエントリー者が並んでいた。

撮影禁止。

一人ずつマイクで意気込みか何かを話していたが、大きなスピーカーから流れてくる音楽が邪魔してよく聞こえなかった。

 

ああ、この地でミスタージャイアンツの長嶋氏も青春を過ごしたのかなぁ。などと、ややベクトルの違ったことを考えていたりした。

 

某教室で行われたファッションショーも拝見した。

どうやらファッション誌に載るような読モなんかも参加していたようで。

ここでもイケメン・可愛い子揃いであった。

 

会場の観客には高校生も多くいたようで。有名な子なのか分からないが、人気の子がランウェイに登場すると歓声が上がり「可愛いー!」と声も発せられていた。

 

また中庭に戻ればアイドル研究会の女の子らがステージで踊っていた。

フリフリのキラキラの衣装に身を包み、笑顔で。

乃木坂46、AKB48等の今をときめくアイドルの歌に乗せ。

 

きっとたくさん練習したのだろう。

大学生はもっと勉学に時間を費やした方がいい気もする(というかそれが本分だ)が、好きなことに熱中し、日頃の練習の成果をステージ場で緊張を乗り越え披露するというのも、一つ大きな糧になることだと思う。

 

そしてぶらっと出店を見て回り、僕らは解散した。

 

 

f:id:kotaronobuta:20171103164914j:image

 

今回考えたことは、僕が出た某四流大学とは比べ物にならない雰囲気の学祭だったということだ。

学生はキラキラしていて、イケメンも多くて可愛い子も多い。

単純に人数も多いし、外国人学生も出店していたりしているし、催しも多岐に渡って充実している。

 

受験を控える高校3年生のときに来ていたら、もっと勉強にモチベーションをかけていたかもしれない。

18歳とか19歳に戻って大学生をもう一度やりたい。

そしてサークルで仲間と遊び、彼女を作り、本を読み、勉強し、バイトもし、青春時代をより謳歌してやりたいという次第だ。

 

受験生は絶対にお目当の大学に行った方が良い。

学祭じゃなくても良いのだが、少し背伸びをしてもいいから目標の大学・憧れの大学のキャンパスに足を運んでみると、その後の受験勉強への身の入り方が全然違うだろう。

 

 

33にもなれば、鏡を見ると「自分も老けたな」と感じる。

まだまだ若いつもりもあるが、大学生の放つキラキラには到底及ばない。

そういえばオードリー若林正恭氏の本(『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)』)にこんなことが書かれていたか。

 

「若い時は理想を追うが、歳を重ねると相応なものを追うようになるから安心しろ」

 

若林氏の通った大学の哲学の先生がこう言ったらしい。

なろほど。

その無邪気に理想を追える若き姿が、彼らを輝かしくさせているのだろうか。

 

 

死ぬほど読書したい。

f:id:kotaronobuta:20171025212636j:image

 

雑誌等で紹介されていて、各方面で話題になっている気がするのですが。

結構前なのですが『死ぬほど読書 (幻冬舎新書)』を僕も読んでみました。

ていうかタイトルが目を引くよね、特に読書が好きな人にはさ。

巧いタイトルです。

 

著者は伊藤忠商事前会長の丹羽宇一郎氏です。

 

 

心のフックにかかった部分

 

 

 

とにかくなんでもいいから本を買って読んでいけ!ってことですね。

シャーペンや蛍光マーカーで線を引きながら読みましたが、そういうのはどの読書本でも推奨していますよね。

読書法の一つの真理なんだと思います。

 

小説を読むのも楽しいですよね。

古典とか近代文学とかはちょっと難しかったりしますが、僕も最近では東野圭吾なんかにも手を出して読んでいます。

『白夜行』めっちゃ分厚いんですがね。

犯罪しまくりのミステリーですが、どうなんですかね。

主人公らの心情を考えながら読んでみますね(気が向いたら)。

 

面白かったのですが、「これは重要だ」と思ったところに線を引いて、最後にノートに書き写すという読書術は(手間がかかりすぎて)真似できそうにありません( ; ; )

 

本を読まないと寝られないという著者。

毎日欠かさず30分以上は本を読んでから寝るという習慣はさすがであります。

それくらい本の虫になっていきたい次第でございます。

 

 

【読書】清宮幸太郎を栗山監督がどう育てるか、非常に楽しみである。

 

高校球児だった僕は今でも野球ファンでいる。

プロ野球では埼玉県在住ということもあって埼玉西武ライオンズを贔屓にしているが、野球界の素晴らしい人材について言えば球団関係なく好きである。

 

北海道日本ハムファイターズの栗山英樹監督も尊敬する一人。

昨日から「読書週間」ということもあり、僕の所持している本を一冊紹介する。

(別に読書週間に限らず本の紹介はしているのだが)

 

 

「最高のチーム」の作り方

 

「最高のチーム」の作り方』である。

栗山監督の野球に対しての考え方、人間としてのあり方においての考え方には唸らせるものがある。

「第4章 監督の仕事は選手を輝かせること」から引用する。

 

なんでもいいから勝てばいいというのは絶対に違う。

(中略)

プロ野球に必要なもの、それは相手を敬い、高いレベルの凛とした気持ちを持って、ファンのみなさんに喜んでもらうために正々堂々と戦うこと。そこにプロとしての命がけの知恵とか工夫とか、そういった心のやり取りをしながら、勝負をしなければいけない。

例えば10対0の大差をつけて、プロ野球だったらあとは多少いい加減にやっても勝ちそうなものだが、そうではない。そういうときにどういうプレーができるのか、それがすべてなんだと思ってやっているつもりだ。

野球に対する誠意というのは、そういうことだと思っている。

 

 

この「そういうときにどういうプレーができるのか、それがすべてなんだ」というのに痺れた。

出場している選手として、10点差というのは(高校野球等の一発勝負・短期勝負になるものは例外として)「今日は楽なゲームになったな」と思ってしまいがちである。

野球経験がある人はわかると思うが。

そうすると集中力を欠いたり、怠慢さや油断が出たり、全力ではないプレーになってしまうものなのだ。

それを絶対にあってはならないと考えるのだろう。

 

ただ野球が強ければいい、勝てればいい、そんな考え方は微塵もないのが栗山監督である。

常に選手のことを考え、そしてプロフェッショナルとして野球に向き合っていく。

こうも書いている。

 

「選手のためにならないかもしれないけど、チームのためにこうする」、その考え方は間違っている。「選手のため」と「チームのため」はいつも一緒だ。そこがブレることは絶対にない。

 

素晴らしいなと思った。

あなたの会社の上司はこう考えられるだろうか。

僕は教員になったらこの考え方を心に刻み、貫きたいと思う。

それくらいに素晴らしく感じた。

 

個人のためにやることは必ずチームのために繋がっていくのだ。

大谷翔平のために、中田翔のために、斎藤佑樹のために・・・。

そして清宮幸太郎のために、となっていくだろう。

 

www.sankei.com

 

 

清宮くんも高校1年生の頃はまだ小生意気な雰囲気のある感じだったが、早実野球部でも人間として大きくなっていったのだろう、この夏にはしっかりした主将になってチームを牽引したと思う。

U18全日本チームも然り。

 

北海道の球団に入り、栗山監督にどう成長させられていくのか、非常に楽しみである。

サプライズもあるかもしれないし、逆にその逆もあるかもしれない。

 

もちろん清宮だけではない。

注目の新人も、今段階ではあまり注目を浴びていない新人も、ぜひ頑張ってもらいたい。

 

 

来季の話ばかりでなく、今日から日本シリーズも開幕する。

横浜DeNAベイスターズか、福岡ソフトバンクホークスか。

見守っていきたいと思う。

(個人的にはさすがにホークスが強いかなと思うが)

 

スポーツの秋も良いが読書の秋も楽しんでいこうじゃないか。

さあ、本はどんなものがお好きであろうか?

 

 

『服を着るならこんなふうに』が良い漫画なのでちょっと言及していく。

 

服を着るならこんなふうに』といった漫画が面白いです。

ファッションブロガーのMBさんが監修してるんですね。

 

「おしゃれにセンスは必要なくて、法則にしたがってやればいい」みたいな感じでいろいろ学んでいけます。

作画も可愛いです。

 

大学生の時に洋服にハマった僕も最近夢中で読みました。

主人公の祐介は27歳とかそのくらいです。

高い洋服を買わなくても(ユニクロやGUでも)おしゃれができるってのがよく分かるので、おすすめです。

 

そのなかで第1巻で最初に祐介が手に入れるのが黒のスキニージーンズ。

その後黒のコンバースオールスターやイージージャケット、カットソーなどを手に入れていきます。

それについて言及していきたいと思います。

 

 

黒のスキニージーンズ 

 f:id:kotaronobuta:20171025193514p:image

服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)

 

MBさんは「ドレスとカジュアルのバランスが大事」と言います。

僕は今まではず〜〜〜〜っとインディゴブルーのスキニーデニムを愛用してきました。

正直インディゴのスキニーでもシルエットはバランスよくまとまると思います。

ただ、どうしてもやっぱりカジュアル寄りの着こなしになってしまいますね。

 

黒だとややドレス寄りになります。

『服を〜』を読んでユニクロで黒スキニーを買って時々着るようになりましたが、たしかに良い感じです。

今まで「色落ち(エイジング)が楽しめない」といった理由で敬遠してきましたが、今後は取り入れていく度合いを増やそうかなと思っています。

 

 

コンバースオールスター(黒) 

 f:id:kotaronobuta:20171025193527p:image

服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)

 

MBさんはモノトーンコーデを初心者におすすめしています。

たしかにそのほうが難しくないでしょうしね。

 

主人公の祐介はスキニーの次にコンバースオールスター黒を買うことになります。

脚長効果も目論んでのことです。

 

わからなくもないですが、僕はあんまりやらないコーデです。

ちなみにソールまで真っ黒のオールスターを買うなら断然ローカットが良いです。

ハイカットだとなんだか中途半端になってしまうんですよね。

女の子はハイカットをよく履いていますが、男は絶対ローカットが良いと思います。

 

僕は白いスニーカーを履くことが多いです。

汚れてきても「味が出てきた」って感じにしちゃうんですよね。

ただ僕もずいぶん大人になってきましたんでね。

綺麗なスニーカーやレザーシューズを履くようにしたいなと思う今日この頃です。

 

 

イージージャケット 

f:id:kotaronobuta:20171025193538p:image

服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)

 

 

僕は着ません(^◇^;)

ほんと、お食事デートとかそれくらいの時にしか着ないんでね。

リュックスタイルも多いんで、普段は全然ブルゾン派です。

 

www.kota-tsushin.com

 

女の子とデートする機会がほしい。

 

 

無地カットソー

 

f:id:kotaronobuta:20171025193548p:image

服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)

 

 

作中でも紹介されていますが、ヘインズのジャパンフィットTが非常に良いです。

リースナブルだし、着心地も良い。

ユニクロのスーピマコットンTはピタッとしすぎてしまうんですよね。(筋トレしてるんでね←)

 

www.kota-tsushin.com

 

「ノームコア」ブームがあったので無地カットソーは割と多くの人が持ってるんじゃないでしょうかね。

 

 

 

 

 

ファッションって楽しい

 

本に書いてあることをそのままやっても良いんですけど、ある程度慣れてきたら(コーディネートやアイテムの選び方がわかってきたら)ぜひ自分なりのおしゃれを楽しんでもらいたいですね。

最低限以上のことをやろうとするとお金もかかってきますけどね(笑)

 

ミニマリストのように限られたアイテムで過ごしていくのもいいんですけど、それもそれでカッコいいんですけど、いろんな服を試してみるのも楽しいです。

 

『服を着るなら〜』は5巻まで発売中です。(2017年10月25日現在)

体系別のお悩みなんかも取り上げられているんで、いろんなヒントが見つかる良い作品になっております。

祐介の妹の環ちゃんがクッッソ可愛いです。

 

 

SHISHAMOの「明日も」が良い。

 

最近SHISHAMOって女の子バンドの「明日も」って曲をヘビロテして聴いています。

 

SHISHAMO 4

 

ぼくら世代だと女の子3人バンドっていうとチャットモンチーが思い浮かんじゃうよね。

SHISHAMOも今の中高生にとっても人気らしいです。

 

「明日も」って曲、ドコモのCMで使われているので耳にしたことある人も多いと思います。

 


NTTドコモ 面白いCM 曲 綾野剛 堤真一 ししゃも 明日も

 

SHISHAMOって川崎フロンターレの大ファンで、スタジアムにも応援に行くんだってね。

良いことばっかりじゃないけれど、必死にがんばってる選手に自分を重ねて、パワーをもらって、また仕事とか勉強とか恋とか頑張っていこう。

そんな感じの曲です。

 

公式のYouTubeでMVも見られます。

ボーカルの子がadidasのトラックトップ着ていて好感持てます。

そういうところも好き。

 


SHISHAMO「明日も」

 

 

広末涼子の「明日へ」も良いよ

 

明日へ

広末涼子 - 明日へ - YouTube

 

すげー話が逸れるんだけど、広末涼子の「明日へ」も良い。

岡本真夜が提供しているんですよ。

こちらは転校とか卒業とかで友達と離れ離れになっちゃう曲。

 

 

SHISHAMOのカジュアル感とか良いよね

 

閑話休題。

女性アーティストってどうしてもヴィジュアルも大事になってくるよね。

そんな中、SHISHAMOは「美形!!」ってタイプではない。

けど可愛いとは思う。

いや、可愛いよ、可愛い!!

 

古着っぽい着こなしとかさ、もうカジュアル全開なのも良い。

今のトレンドで考えるとあんまり古着って着ないと思うんですけどね。

高円寺とか下北沢とかも似合うよね。

 

ただ今の感じではどうしても「若さがウリ」みたいな印象を受けてしまう。

以前「ねごと」ってバンドが注目されたことがあったけど、最近はなかなか見なくなった。

SHISHAMO、ぜひ息の長いバンドになってもらいたい。

 

こんな若いのに武道館でライブとかやっちゃうんですもんね。

すごい人生ですよね。

 

 

 

恋愛を歌った曲も多いみたいです、SHISHAMO。

 

流行りの歌をなぞれば、恋の歌が目についてくる。

今胸に響くのは甘い歌じゃない。

 

そんなことを昔GLAYが歌っていました。

「明日も」を聴いて毎日の仕事や勉強をがんばっていきたいと思います。

 

 

【日記】半年ぶりに有給取ったけど、いろいろやんなきゃで。

 

もう毎日有給がいいんですけど。

 

 

2016年4月に今の職場に派遣されて勤め始めて、2017年に転籍して直雇用になって、やっっっっっっっと有給が発生しました。

6ヶ月ぶり!

昨年度の分は転籍の時に8日分ほど消滅させてしまったので、今回は計画的に有給消化していきたいです。

 

 

 

 

ほんとにスーツ勤務に嫌気がさしてきました。

すぐダメになってきちゃうんですもん。

 

 

デニムシャツとかネルシャツとか、トラックトップとかスウェットパーカとか、そういうので過ごしたいのですよね。

ニット?

そんなものはちょっと洒落ついて出かけたい時にしか着ません。

ユニクロユーのニット、買っちゃったけども!

 

 

自分のための時間や家のための時間

 

掃除の一環として、お仏壇の掃除を母と行いました。

あと廊下の掃除と。

自分の部屋の(処分を後回しにしていた)ダイレクトメールたちをやっつけました。

 

また、「編集手帳 書き写しノート」も。

 

 

 

文字や文章を手書きで書くってこと、少なくなりましたのでね。

たまたま我が家では読売新聞を購読しているのですが、朝日新聞の天声人語も書き写してたことがあります。

教員時代は子ども(中学生)に自習課題で天声人語の書き写しをやらせていたりしました(笑)

 

朝日新聞社 天声人語学習用ノート 360021 (1冊)

朝日新聞社 天声人語学習用ノート 360021 (1冊)

 

 

 

勉強も

 

来夏の教員採用試験に向けた勉強も少しずつ。

数学や物理分野がわけわからなすぎて死亡しそうですが( ; ; )

 

教員になったらまた毎日忙しくなってメンタル的にもギリギリになってしまうのではないかと懸念しているのですが。

親にも大学まで行かせてもらったし、子どもも応援してくれてたし。

 

春には臨時的任用教員として復帰したいですねー。

この半年間は有給使いまくってやるんですから。

有給で平日休みになったらいろいろ手続きも進めていかねばならんのですから。

 

 

しかし「水曜休み」って良いですね。

月火がんばって、水曜休んで、木金がんばって、土日休む。

すばらしい。

きっと仕事の生産性とか質とかも向上するよ。

週5勤務なんてつれぇわ。

 

 

メンズ黒マウンテンパーカを紹介しよう。【ノースフェイス・パタゴニア・防水・おすすめ】

 

ついつい同じような洋服ばっかり買ってしまう…。

そんなことってよくありますよね。

僕も例に漏れずで…。

 

黒いマウンテンパーカを3枚も持っています。

 

いやー、定番のものって使いやすくて最高ですねー!

かれこれ5年か6年くらいこの3着を着まわしています。

ミニマリストにはなれないわけです( ;∀;)

 

その中でもよく使うのと、そうでないものとありますんでね。

今回は黒マウンパをご紹介していきたいと思います!

 

 

使用頻度3位 ザ・ノース・フェイス スクープジャケット

 

f:id:kotaronobuta:20171021223808j:image

ノースフェイス(THE NORTH FACE) Scoop Jacket

 

定番のノース。

Mサイズでジャストです。(僕の身長は178cm)

左胸と右後ろ肩にあるブランドロゴが良きポイントになってくれます。

 

これね、内側に別売りのフリースジャケットを連結させて防寒性をアップできるんですよ。

便利だねー!って思って買ったんですけど、そこまで寒さに苦しんでないんす。(活動圏は関東地区)

 

 

 

 

この別売りのフリースジャケットも2万円くらいでちょっと高いし、てかマウンテンパーカはゆったりしたシルエットなんだけどフリースジャケットはタイトなシルエットでサイズ感を合わせるのがややこしいし。

寒いときにはモンベルのインナーダウンを着たら凌げますし。

 

あと「防水・防風」でないんですよね。

このマウンパ自体は割と安価で良いんですけどね。

機能面でやや物足りない感じです。

 

雨の日は出番が少ないです。

 

 

使用頻度2位 パタゴニア トレントシェルジャケット

 

f:id:kotaronobuta:20171021224613j:image

(パタゴニア)patagonia メンズ トレントシェル ジャケット 83802

 

結構使い倒していて、内側がボロボロになってきました。

これは防水性が高い。

なのに安価。

そして環境面に配慮している姿勢がとても前向きな企業という背景が良いですね。

いや、ノースも環境に配慮してるんですけどね。

 

ただ、シルエットがノースに比べるとイマイチ…かな。(Mサイズ)

ボヤンとしてしまう印象です。

そしてファスナーが止水ではないので強い雨のときにはポケットに浸水してきてしまいます

 

折りたたむと結構コンパクトになるので、携帯性も良い。

気兼ねなく使えます。

 

 

使用頻度1位 ザ・ノース・フェイス クライムベリーライトジャケット

 

f:id:kotaronobuta:20171021225226j:image

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE クライムベリーライトジャケット NP11505 K ブラック 

 

スクープジャケットと合わせて、ノースのは2着も所持しています。

こちらはゴアテックス素材

防水性も防風もバッチリです

ジップも止水で完璧。

折りたたんでコンパクトに携帯できるのも素晴らしいです。

 

Mサイズを着用していますが、シルエットもシャープな感じで細身にまとまります。

 

価格が4万円近くしてかなり奮発して買ったのを覚えていますが、機能面でもファッション性でも大変満足な一着になったと思います。

 

ただMサイズだとやや袖が短いので、次に同様の品をリピって買うときにはLサイズを試してみたいところです。

 

真冬もコイツとモンベルのインナーダウンで余裕で過ごせます。(関東圏ね)

 

 

 

 

 

てことで

 

ゴアテックス、素晴らしいなというところです。

ちょっと値が張りますけどね。

 

ノースの「クライムライトジャケット」ってのがゴアテックス素材で2万円台で買えそうなので、非常に良さそうな気がします。

 ↓ 

 

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE クライムライトジャケット NP11503 KK ブラック M

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE クライムライトジャケット NP11503 KK ブラック M

 

 

アマゾンは返品無料なので、買ってみて微妙だったら返せばいいですね。

 

黒マウンテンパーカは機能的で街でも良い感じに着られて、重宝しています。

ぜひ良き一着を!